tarijiri-photo

カメラ初級者ながら、999のカンストまでに少しでも上達するといいな・・。

656 並ぶ

とあるお宅の前に並んでいました。

655 影

毛までしっかり映るんですね。

654 はらぺこあおむし

お腹を痛めた次の日の葉っぱみたい。

653 カラー

花壇の華やかな季節になってきましたね。

652 蝕む

もっとハードなモノクロにしたいのですが、キヤノンさんのDPP使いこなせていません・・。

651 年季

美容院の看板に飾っていた人形。 年季が入っていました。

650 ツターーーーー!

最近やった気がしますが、また見つけたので。 ツターーーーー!

649 窓

窓を彩る植物

648 拒む

そのドアを開けるなと、何かが邪魔をしているのです。

647 とこやさんの自転車

のんびりとしたような、それでいて贅沢なような、そんな場所でした。

646 紋章と鳥

鳥にかかっているライト、ずらせばよかったのか・・。

645 海賊

ガラス越しの雰囲気が出せません。。

644 露

昨夜のと真逆の、爽やかマクロです。

642 お前だろ!

穴開けたのお前だろ!

643 卑猥

んもう・・。 深夜にアップしますね。

641 掃き溜めに鶴

鉄クズの中に、キラリと光るやつがいました。

640 赤い電線

写りこむ電線が好きです。 赤の感じと相まって、好きな写真になりました。

639 ドア

古びた民家の、不思議なドア。

638 朝のコントラスト

久しぶりの朝コン。

637 主役は葉

雰囲気で、ただの葉が主役っぽくなったでしょうか。

636 夏の早朝

朝日が昇った直後の空です。 雲の形が気に入りました。

635 ベテラン

ん?スクータータイプ??

634 木造

ポストも木造。

633 赤茶

ピントをカゴ全体に当てるべきでした・・。

632 年季

ずっと生きている、働いている。 それだけで、気が付くとかけがえのない唯一のものになるのです。

631 部屋の顔

空き部屋にあります。。ではないか。

630 層

夜明けの田園、色味の層のなか散歩されている方が。 もうちょっと全体が明るいような、そんな魅惑的な現像ができるようになりたい・・。

629 ツターーーーー!

ツタが伸びてました。

628 スポット

なんてことの無い写真ですが、背面に白い雲があると、あたかもスポットライトが当たっているかのような効果を出せるかも?、という発見がありました。 こんどまた意識してみよう。

627 広大

広大さと美しさに声が出てしまいました。 庄内空港です。

626 ランプ

素敵なランプを見つけたのですが、快晴の朝だったのでモノクロにしてみました。

625 脈

葉脈ならぬ、花脈とでもいうのでしょうか・・とググってみたら、学術書で使われている言葉だそうです。

624 冷夏

今年は寂しく見えるひまわりです。

623 目立

目立で「めたて」って読むのです。

622 トタンと木

トタンの屋根の木造住宅。

621 異色

突然の色。

620 鳥海山

酒田を見守る鳥海山です。

619 廃屋

廃屋に稲刈り機。

618 天然ライト

朝日のライトでマクロ撮影してみました。 忠実設定でシャープネスはゼロです。 勿論、手間を惜しんでの手持ちです。

617 孵化

手間を惜しんで手持ちで撮ったのですが・・微妙にぶれてしまった。

616 パーフェクト

これの元ネタを知らないのですが・・。武勇伝の人?

615 祖母と孫

夏の一瞬、撮って出し。

614 トマト

トマト・・と見せかけて茄子でした。

613 村の神社

山の中にぽっと佇んでいた神社。 構図が下手ですね〜。

612 ひまわり

盛夏のひまわりが朝日を向いていました。

611 赤黄白橙

昨日のパンダの次に撮った、対になる一枚です。

610 パンダ・パンダ・パンダ

やっと番号が復帰。 パンダにご登場願いました。

586 雨の茄子

実家の庭の、雨に濡れた茄子。 夏のさなかのホッとできるような雨の日、しっとりとした雰囲気を演出してくれました。

585 肌

花びらの肌が滑らかだったので、それを狙って撮ってみたのですが・・。 伝え方が難しい。

584 蜜

主役がしべの後ろになってしまったのですが、珍しく蝶が撮れました。 望遠レンズって便利ですね!